創文社オンデマンド叢書

自由の論法 ポパー・ミーゼス・ハイエク

シリーズ:現代自由学芸叢書

¥ 5,170 (本体: ¥ 4,700 + 消費税: ¥ 470)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

科学的自由主義者たち(ポパー、ミーゼス、ハイエク)は、社会主義批判を核として、強力な論理構造を配備した。新しい時代の社会科学は、彼らの議論を批判的に乗り超えていかねばならない。本書は、20世紀における社会科学方法論を、思想闘争に対する問題解決という観点から問い直し、新たな自由の論じ方を豊かに提示する現代自由学芸の騎士による挑戦の書である。方法論が思想の機能を担う「方法の思想負荷およびその「脱思想化過程」という分析手法を用いて、資本主義と社会主義のシステム選択という経済思想の大論争に、斬新なメスを入れる。
本商品は「旧ISBN:9784423730720」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1995年
叢書・シリーズ名:現代自由学芸叢書

著者・編集者

著者:橋本努

カテゴリ