創文社オンデマンド叢書

都市と権力 飢餓と飽食の歴史社会学

シリーズ:現代自由学芸叢書

¥ 5,500 (本体: ¥ 5,000 + 消費税: ¥ 500)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

〈都市は食糧生産を行なわないにもかかわらず、農村よりも飢餓が少ないのはなぜか? この大胆な仮説から、都市の成立根拠を権力に求め、複雑きわまりない都市現象のなかから、都市の理念型を描きだし、都市の理論を根本から重層的に構想する本書は、現代自由学芸の騎士による挑戦の書である。人々がより安全で快適な生活を営むために生み出されてきたはずの権力は、人々の生活を保障すると共に支配するという二つの働きを合わせもつものである。権力によって作り出される多種多様なルールから、古今東西の数千年にわたる都市の歴史を読みとって、雄大な〈飢餓と飽食〉に歴史社会学を展開する著者は、その豊かな想像力によって既存の社会科学を突破して、21世紀の魁然たる社会理論を提唱する。
本商品は「旧ISBN:9784423800270」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1991年
叢書・シリーズ名:現代自由学芸叢書

著者・編集者

著者:藤田弘夫

カテゴリ