創文社オンデマンド叢書

新社会哲学宣言

シリーズ:現代自由学芸叢書

¥ 4,180 (本体: ¥ 3,800 + 消費税: ¥ 380)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423730942」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1999/09/01
叢書・シリーズ名:現代自由学芸叢書

新社会哲学とは、何よりも、「ポスト専門化」時代におけるトランス・ディシプリナリーな哲学と社会科学の統合態を意味している。著者は、社会認識の方法として、個人の存在を軽視する全体論(ホーリズム)も、アトミスティクな個人を暗黙に想定する個人主義も採らない。その代わりに、自己と他者と世界の了解がそれぞれ区別されつつも、切り離せないという前提の下、全体論的で対話論的で生成論的な「自己-他者-世界」了解を社会認識の中核に据える。社会科学のトランス・ディシプリナリーな基礎概念を再定式化し、公共世界という観点から政治と経済の世界を架橋する、現代自由学芸の騎士による新社会哲学宣言。

【目次より】

第一部 社会理論の学問史的論考
第一章 プレ専門化時代(一九世紀前半まで)の社会理論:その諸潮流の再構成
第二章 専門化時代(一九世紀中葉から二〇世紀中葉)における社会諸科学と哲学:その再考
第三章 ポスト専門化時代(二一世紀)の哲学と社会科学:その理念
第二部 新社会哲学の論理とヴィジョン
第四章 相関社会科学的問題群・基礎概念の定式化:社会科学基礎論の試み
第五章 政治哲学の現代的再構想
第六章 経済哲学の復権
第七章 新社会哲学のアクチュアリティ

参考文献

著者・編集者

著者:山脇直司

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ