創文社オンデマンド叢書

福沢諭吉 文明と社会構想

シリーズ:現代自由学芸叢書

¥ 3,850 (本体: ¥ 3,500 + 消費税: ¥ 350)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

「この間、日本の家族の変化は驚くほどである。フェミニズムは、近代という時代に生きる中で女性が感じてきた生きにくさは、女性が家族という領域に縛り付けられてきたことに起因すると論じた。しかし、家族の抱える問題は、女性だけをめぐる問題ではなく、近代という時代の作り出した社会構造全体に関わるものであろう。私たちは、いま、社会全体の構想を必要としている。本書で提示する福沢の議論が、そのヒントになることを願って議論を始めたい。」家族の関係および家族と社会との関連に注意しながら、福沢の議論を綿密に読み直し、福沢の文明論
本商品は「旧ISBN:9784423730966」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2000/11/01
叢書・シリーズ名:現代自由学芸叢書

著者・編集者

著者:中村敏子

カテゴリ