創文社オンデマンド叢書

中国人の宗教意識

シリーズ:中国学芸叢書

¥ 4,620 (本体: ¥ 4,200 + 消費税: ¥ 420)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423194119」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1998年
叢書・シリーズ名:中国学芸叢書 5

六朝隋唐期の中世600年に及ぶ時代を対象に、人々の日常に息づく「罪の意識」に光をあて、幅広く多様な中国人の宗教意識を見事に描き出す。儒・仏・道の三教に亙る広範な文献を渉猟しつつ、罪意識と贖いの儀礼を通して、中国社会に通底する宗教の深層構造を初めて本格的に明らかにした問題作。

【目次より】
序章 『後漢書』楚王英伝から
I 静室 懺悔の場
一 静室の諸相とその展開
二 静室内のしつらえ
三 静室における儀礼
四 精舎と静室
五 請室と静室 俗から聖ヘ
II 罪の懺悔
一 罪目
二 道教徒の懺悔 とくに王義之の場合
三 仏教徒の懺悔 とくに沈約の場合
四 王微の「告霊文」
III 償債と謫仙
一 輪廻応報の思想
二 禅録のなかの償債
三 『高僧伝』のなかの償債
四 道教における償債
五 謫仙
六 『高僧伝』神異篇
七 全真教の場合
IV 宗教に傾斜する心性
一 漢代人の遺言・遺書と沐並の「終制」
二 遺言・遺書のなかの仏教
三 皇侃の『論語義疏』
四 出家の動機

あとがき

著者・編集者

著者:吉川 忠夫

カテゴリ