創文社オンデマンド叢書

中国の科学思想

両漢天学考

シリーズ:中国学芸叢書

¥ 4,840 (本体: ¥ 4,400 + 消費税: ¥ 440)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423194126」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1996年
叢書・シリーズ名:中国学芸叢書 1

漢代思想の中核を担った天文暦学を通して、自然現象と社会現象を統一的に捉える、中国科学の思惟構造を解明した画期作。

中国の科学は西欧の近代科学と違い、神秘のベールに包まれてきたが、歴史上の三大発明や紙の発明、さらに中国の三大科学(天文暦数学・医学・農学)と三大技術(紡織・陶磁器・建築)など巨大な結果を生みだしてきた。中国の科学思想は漢代を中心に基本の枠組が形成され、以後二千年にわたり影響を与え続けた。本書はその中で中核的な役割を果たしてきた天文暦学の思想的分析により、中国人の科学的思惟の原型である、自然現象と社会現象を統一的に捉えようとする思考構造を明らかにする。

【目次より】
プロローグ
序章 中国の自然科学
一 中国科学と天文暦数学
二 漢代の科学
I 術数学
一 ビクゴラスと「数」の論理
二 術数学と数の二義性
三 経学と術数学
四 術数学とビタゴラスの数論
II 受命改正制
一 受命改制と顕頭暦
二 経今文学と三正説
III 太初改暦と司馬遷
一 太初改暦
二 司馬遷と史官の伝統
IV 劉畝の三統哲学
一 劉敵とその学術
二 三統暦の数理構造
三 劉畝の三統説と五行説
四 三統暦と経学
五 王葬革命と三統説
V 揚雄と『太玄』
一 揚雄と擬経
二 太玄暦の構造
三 八十一首の陰陽消息説
四 七百二十九賛の太玄占
五 『太玄』の構造
VI 後漢の四分暦と察蘊の律暦思想
一 後漢の四分暦と察蘊の律暦意
二 六十律
三 四分暦
四 律暦意の構造
終章 天学
エピローグ

著者・編集者

著者:川原 秀城

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ