創文社オンデマンド叢書

科学史からキリスト教をみる

(長崎純心レクチャーズ5)

シリーズ:長崎純心レクチャーズ

¥ 2,970 (本体: ¥ 2,700 + 消費税: ¥ 270)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

コペルニクスの地動説、ガリレオ裁判など「宗教と科学の対立」と思われがちな一六~一七世紀の科学とはなにか。平易な語り口で近代科学の歩みをたどるとともに、環境破壊はキリスト教が元凶かという問題に踏み込み、環境問題が提起する欲望充足の限界を論じる。近代科学技術文明の弊害の根を問い、新しい倫理を展望する講演。
本商品は「旧ISBN:9784423301142」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2003/03/01
叢書・シリーズ名:長崎純心レクチャーズ 5

著者・編集者

著者:村上陽一郎

カテゴリ