創文社オンデマンド叢書

四書学史の研究

シリーズ:東洋学叢書

¥ 9,900 (本体: ¥ 9,000 + 消費税: ¥ 900)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423192320」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1988年
叢書・シリーズ名:東洋学叢書

南宋から清に至る思想史を四書学の継承とその批判克服を意図する新四書学の形成過程と捉え、新資料をも駆使して新生面を開いた力作。

【目次より】

序章
一 四書学史の概況
二 明代人と経書
一 朱子学的学習法の確立
二 明人の読書記誦
三 読書記誦による人格の陶冶
四 晩明における記誦
第一章 四書学の成立 朱子における経書学の構造
一 表裏精粗至らざるは無し
二 朱子学の論理
三 経書註繹の方法
四 四書学の構想
第二章 宋元代の四書学をめぐる政治的思想的状況
一 党禁から従祀に至る朱子学の黜陟
二 宋元思想界における四書学の位置
第三章 朱子以降における『大学』観の変遷
一 朱子の『大学』観
二 朱子以後の『大学』改訂
三 王陽明の『大学』観
四 明代末期の『大学』論議における二三の問題
五 清代の『大学』評価
第四章 四書註釈書の歴史
一 章句集注のテキストについて
二 註釈書の続成 集成書について
第五章 『四書評』の歴史
一 『四書評』について
二 『青雲堂四書評』について
三 『四書評』の余韻
第六章 晩明の四書学
一 周汝登の四書学
二 晩明の四書学
三 四書学の展開と方向性
第七章 科畢と四書学
一 講章の四書学 沿溟四書説をめぐって
二 八股文の四書学
附録 『四書正新録』姓氏・書目 『四書増補微言』新増姓氏・書目 『刪補微言』・『皇明百方家問答』引用書目

著者・編集者

著者:佐野 公治

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ