創文社オンデマンド叢書

カール・バルトとその時代

¥ 9,350 (本体: ¥ 8,500 + 消費税: ¥ 850)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423701041」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2011/09/01
叢書・シリーズ名:宮田光雄思想史論集 4

神学者カール・バルトの政治倫理を同時代史の激動と重ねて検証し、《政治的人間》バルトの魅力を生き生きと描く。

【目次より】
I カール・バルトの政治思想
1 カール・バルト 政治的・神学的評伝
はじめに カール・バルトヘの旅
一 危機の時代と闘いの出発 二 ドイツ教会闘争の只中で 三 ヒトラーの戦争に抗して スイスからの《―つの声》 四 東西対立と冷戦の論理を越えて 五 神の希望の弁証法
2 《政治的人間》としてのカール・バルト ニつの公開書簡論争
一 コンテキストの中の神学 二 東と西の間の教会 エーミール・ブルンナーとの往復書簡 三 教会闘争の前哨戦 エマヌエル・ヒルシュとの往復書簡
3 バルト『和解論』の政治倫理 『教会教義学』遺稿を読む
一 『和解論』の倫理 その構成と主題 二 《主なき諸権力》の支配 三 闘うキリスト者=《神国到来》の希望の証人
II 同時代史の中から ナチ・ドイツの時代
4 ナチズムの意義
一 危機の精神的状況 二 ナチズムの思想と行動 三 ナチズムの意味
付論 ラウシュニング『ヒトラーとの対話』異聞
5 パウル・ティリッヒの政治的思惟
6 エルンスト・カッシーラーとナチズム カッシーラー『国家の神話』を読む
一 カッシーラーの生涯と著作 二 カッシーラーの神話理論 三 《現代の政治神話の技術》に抗して
7 南原繁とカール・バルト
一 南原とバルト『今日の神学的実存』(一九三三年) 二 南原とレーヴィットのナチス批判 三 南原の政治哲学とバルト 四 南原の『二十世紀の神話』批判とバルト 五 待ちつつ急ぎつつ 内村・南原・バルトの平和論
おわりに 南原とバルトの出会い
III 同時代史の中から アデナウアーの時代
8 西ドイツの政治と経済
一 一九六一年総選挙の相貌 二 経済奇跡の光と影 三 連邦議会の表と裏
9 西ドイツの宗教と政治
一 戦後の政治的カトリシズム 二 プロテスタント教会と政治 三 教会兄弟団の運動
10 アデナウアー時代の終焉
一 アデナウアーの遺産 二 シュピーゲル事件の一年 三 エーアハルトの《新》路線
付論 西ドイツ司法の社会的性格
11 ネオ・ナチ政党の台頭と基盤 ドイツ国家民主党の思考と行動
一 NPDの得票分析 二 NPDの組織と指導 三 NPDの論理と機能 四 台頭要因と展望
終章 神の愉快なパルティザン マルティン・ニーメラーとカール・バルト
あとがき 解説と解題に代えて

著者・編集者

著者:宮田光雄

カテゴリ