創文社オンデマンド叢書

ヘーゲル論理学の基底

反省批判と関係の存在論

¥ 7,150 (本体: ¥ 6,500 + 消費税: ¥ 650)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423170984」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1997年

イェーナ初期の論理学の成立を他の思想家との影響関係を踏まえて発展史的観点から解明した画期的業績。

ヘーゲル論理学=形而上学研究をイェーナ中期の論理学にまで進め、ヘーゲルの論理思想の背景を明らかにするべく、ヘーゲルとフィヒテ、シェリング等との関係を究明、ヘーゲル論理学の現代的意味について考察する。

【目次より】
凡例
略記号表
序説
I ヘーゲル論理学解釈の問題
II 研究史の概観
III 本書の視点と構成
第一章 ヘーゲルの形而上学構想の成立
第一節 存在と反省 
I 合一と愛
II 生と反省
III 理念と思弁的反省
第二節 生・反省・理念
I ヘーゲル形而上学と「理念」
II 初期ヘーゲルにおける「理念」と「生」
第二章 シェリング・ヘルダーリン・ヘーゲル
第一節 チュービンゲン・シュティフトにおけるシェリング
I チュービンゲン・シュティフトにおける神学的問題状況
II 初期シェリングの神話論と哲学形成
第二節 シェリングとヘーゲルにおける「カントの完成」(一七九二~九六年)
I チュービンゲンにおけるシェリングとヘーゲル
II シェリングにおける「カントの完成」
III ヘーゲルにおける「カントの完成」
第三節 意識と根拠 シェリング・ヘルダーリン・ヘーゲルにおける反省批判
I シェリングにおける反省批判
II ヘルダーリンにおける反省批判
III ヘーゲルにおける反省批判
IV まとめ
第三章 ヘーゲル論理思想の背景
第一節 「真理の論理学」の展開
I 「認識の論理学的性格」をめぐる論議
II 論理学の哲学的基礎づけに対するヘーゲルの態度
第二節 「カテゴリーの演繹」の変奏 ヘーゲルの内なるフィヒテ
I ヘーゲルの内なるフィヒテ
II 初期ヘーゲルの絶対者理解
III フィヒテとヘーゲルにおける関係の存在論
第三節 シェリングのカテゴリー論とヘーゲル論理学
I 初期シェリングのカテゴリー論
II 関係の諸カテゴリーによる客観の成立
III シェリングのカテゴリー論のヘーゲルによる批判的継承
第四章 関係・イデアリスムス・認識 イェーナ論理学の対象と原理について
I 関係概念
II イデアリスムスと弁証法
III 認識の理念
第五章 ラッセルのヘーゲル批判について
I 主語 述語形式の問題
II 内的関係と一元論の問題
III 関係としての存在
付論I カントの形而上学にかんする若干の考察
付論II 「イェーナ・プログラム」の成果について
あとがき
欧文要旨

著者・編集者

著者:久保 陽一

カテゴリ