創文社オンデマンド叢書

神学大全 39・40(第3部 53-59問題(復活と昇天))

シリーズ:神学大全

¥ 5,830 (本体: ¥ 5,300 + 消費税: ¥ 530)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423393390」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2012/09/01
叢書・シリーズ名:神学大全 39・40

13世紀、聖書解釈や神学者の注解を体系的に集大成した全45巻からなる中世キリスト教神学の金字塔。第III部第53問題~第59問題を収録。

西洋中世の一大金字塔、「スンマ・テオロジアェ」。キリスト教にかかわる事柄を初学者のために論述した、西洋中世思想を代表する必読文献。本巻は、第三部「キリスト論」(第1-59問題)の最終部分である、キリストの高挙、すなわちキリストの復活と昇天、神の右への着座と裁き主としての権能についての考察を収める。「神はわれわれの救いのために人間と成り給うた」という受肉の神秘へと向けられた神学的探究。

【目次より】
まえがき
目次
第五十三問題 キリストの復活について
第一項 キリストが復活することは必要であったか

第四項 キリストは自らの復活の原因であったか
第五十四問題 復活したキリストの質について
第一項 復活の後キリストは真実の身体を有していたか ~ 第四項 キリストの身体は諸々の傷跡と共に復活すべきであったか
第五十五問題 復活の顕示について
第一項 キリストの復活は万人に顕示されるべきであったか ~ 第六項 キリストが導入した諸々の確証は彼の復活を十分に顕示したか
第五十六問題 キリストの復活の因果性について
第一項 キリストの復活は諸々の身体の復活の原因であるか 第二項 キリストの復活は諸々の霊魂の復活の原因であるか
第五十七問題 キリストの昇天について
第一項 キリストが昇天することは適当であったか ~ 第六項 キリストの昇天はわれわれの救いの原因であるか
第五十八問題 御父の右へのキリストの着座について
第一項 御父なる神の右に着座することはキリストに適合するか ~ 第四項 御父の右に着座することはキリストに固有のことであるか
第五十九問題 キリストの裁きの権能について
第一項 裁きの権能は特別にキリストに帰属させるべきものか ~ 第六項 キリストの裁きの権能は天使たちにも及ぶか
訳者注
解説 キリストの高挙(復活・昇天)について

著者・編集者

著者:トマス・アクィナス

翻訳:稲垣 良典

長崎純心大学人文学部教授

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ