創文社オンデマンド叢書

問題としての神

経験・存在・神

シリーズ:長崎純心レクチャーズ

¥ 3,080 (本体: ¥ 2,800 + 消費税: ¥ 280)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

人間の理性が行う最も根元的で包括的な探求が哲学である.哲学史をふり返ると,「神」と呼ばれる存在は常に,容易には解決できない問題を哲学につきつけてきた.中世哲学のみならず古代哲学と近世哲学も,それぞれの仕方で神の問題と深く関わりながら展開されてきたのである。ところが,カントの理性批判やニーチェの「神の死」,そして経験主義哲学が絶大な影響を及ぼす現代,理性的探求としての哲学において神は全く問題となりえない,との大前提が疑いなきまでになっている.「哲学の解体」や「反哲学」の試みは、まさしくその傾向を象徴的に反映していると言えよう。こうした現状のなかで本書は、経験論哲学と形而上学を中心とした著者30年の研究を背景に、神こそは問題の中の問題である説く。「神のかたどり」としての人間観に基づいて、理性と信仰、哲学と神学の関わりを明快に論じた講演の記録。
本商品は「旧ISBN:9784423301128」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2002/03/01
叢書・シリーズ名:長崎純心レクチャーズ 4

著者・編集者

著者:稲垣良典

カテゴリ