創文社オンデマンド叢書

¥ 4,840 (本体: ¥ 4,400 + 消費税: ¥ 440)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423193020」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1977年
叢書・シリーズ名:叢書・身体の思想 3

親鸞、ニーチェ、ドストエフスキーが悩んだ悪を正面から問いなおして、今日の人間の確かな生き方を提示する、悪の人間学。

【目次より】
序論
悪の自覚
悪の始まり
罪と悪
禍と悪

客観的ということと、正邪善悪
同一なるものそれ自身
当為
シェリングにおける悪の成立
当為は顛倒する
根本悪
本論
一 習俗
イ ギリシア的習俗
ロ ポリス
二 権力
イ マキアヴェリ
ロ 権力の崩壊
ハ 主人と奴隷
ニ 反抗
三 自然と悪
イ 自然と人間
ロ 自然の主となる人間
一 西欧近代と自然
二 合理性は善で非合理性は悪である
ハ 社会
一 ルソー
二 「自然」が悪に転ずる
三 ホッブズ
四 魔神的なもの
ニ 結び
四 個人と悪
イ 個
ロ ひとりであること
一 フロイト
二 例外者
三 悪の表出
四 隠された悪
ハ 結び
あとがき

著者・編集者

著者:樫山 欽四郎

カテゴリ