創文社オンデマンド叢書

魔的なるもの

美と信の問題

¥ 6,270 (本体: ¥ 5,700 + 消費税: ¥ 570)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423100806」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1988年

科学技術の最先端が宇宙空間にまでその手を伸ばしつつある今日、人間は自然のなかで孤立している。著者はその原因を美と信の喪失に求め、自然本来のデモーニッシュな旋律に耳傾けつつ、詩と神話の復活を説く。ゲーテ、キェルケゴール、ドスエフスキイ、ニーチェ、マン、ハイデッガーとの対話を通して、近代合理精神の行方を問う、たおやかな思索の結晶。

【目次より】
序論 魔のありか
第一部 魔的なるもの 美と信の問題
一 ファウストとドン・ファン
二 カラマーゾフの兄弟
三 トニオ・クレーガー
四 ファウストゥス博士
五 アポロとディオニソス
第二部 詩と思索 ハイデッガーをめぐって
一 詩と言葉
二 詩と思索
三 芸術作品の根源
四 技術への問い
五 永遠と瞬間
あとがき

著者・編集者

著者:佐々木 徹

カテゴリ