創文社オンデマンド叢書

神学大全 23(第2-2部 171-182問題)

シリーズ:神学大全

¥ 6,050 (本体: ¥ 5500 + 消費税: ¥ 550)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本書はキリスト教に関わる事柄を初学者のために「学習の順序」に従って論述、第1部神論、第2部人間論、第3部キリスト論よりなる。本冊は第2-2部第171-182問題を収め、「預言」および「活動的生活と観想的生活」について考察される。近代の知性観は実践的知性のみを認め、観想的知性の可能性を排除している。ところがトマスにおける観想は、アリストテレスの観想(テオリア)観と根本的に異なるものであり、未完成で「途上にある者」という人間理解に基づいて、観想が人間に自然本性的に適合していることを示す。西洋中世思想を代表する必読文献。
本商品は「旧ISBN:9784423393239」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2001/08/01
叢書・シリーズ名:神学大全 23

著者・編集者

著者:トマス・アクィナス

翻訳:稲垣 良典

長崎純心大学人文学部教授

翻訳:片山 寛

カテゴリ