創文社オンデマンド叢書

近世都市社会の「訴訟」と行政

¥ 7,150 (本体: ¥ 6,500 + 消費税: ¥ 650)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423740958」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2007/11/01

江戸時代、地方の人々が裁判のために多くの時間と労力を割いたことは数々の史料によって窺い知られる。しかし江戸の町人については、彼らが多くの訴えを提起したという司法統計は存在するものの、具体的にどのような訴訟制度が用意されていたのかこれまで充分には究明されてこなかった。本書は訴訟・許認可・処分などの措置を公権力へ求める制度「訴願」に焦点をあて、「吟味筋」(刑事裁判)「出入筋」(民事裁判)との関連や異同を明らかにし、近世都市社会の訴訟制度の特質をあざやかに描き出す。「裁判史料」のみならず、「町方史料」、「行政史料」をも駆使して近世社会の司法と行政に新たな光をあてた画期作。

【目次より】
序章 先行研究の整理と本書の課題
第一章 「訴願」手続きの整備と都市行政の展開
第一節 享保期の「訴願」手続き規定と都市行政 第二節 寛政の町法改正と「訴願」手続きの変更 第三節 町法改正と普請奉行管轄下の行政手続き 第四節 天保期における行政手続きの変更
補論一 「訴願」手続きの成立とその変遷
第一節 「欠落」に関する訴願手続き 第二節 「検使見分」に関する訴願手続き 第三節 「捨子」に関する訴願手続き
補論二 江戸の「訴訟」制度と公事宿、町役人の機能
第一節 「在方」と公事宿の関係と先行研究の再検討 第二節 江戸の「訴訟」と町役人の機能
第二章 「訴願」に対する町奉行所の対処方法とその特質 「内寄合」と「見分」を中心に
第一節 「御内寄合物一件」にみる「内寄合」と「見分」 第二節 「見分」と「内寄合」の過程における諸問題
第三章 町人の「訴願」と町奉行所・町年寄の利害調整機能 「正宝録」の「訴答之部」の再検討を通じて
第一節 「正宝録」の「訴答之部」の具体的内容 第二節 「坂本町旧記」と「江戸橋広小路井最寄旧記」にみる「返答書」関係の記事 第三節 訴願の「審理」における町奉行・町年寄の利害調整機能
第四章 「町触願」とその裁定をめぐる幕府の原則
第一節 「正宝録」の「訴答之部」にみる「町触流し願」 第二節 「町触願」の否定と「被仰渡」「申渡」 第三節 「申渡」「町触」「惣触」の触れ出しに関する審議
補論三 「訴願」の終結と「願下ケ」手続きの特色
第一節 「願下ケ」手続きの実態 第二節 「市中取締類集」諸願筋下ケ之部の内容
第五章 月行事の「訴願」と都市社会の行政
第一節 月行事の「訴願」と都市における「管轄権」や行政「管轄」の問題 第二節 月行事による町政の運営をめぐる訴願 第三節 月行事による都市行政への要望に関する訴願
終章 近世都市社会における「訴訟」と行政の特色
あとがき

著者・編集者

著者:坂本 忠久

東北大学大学院法学研究科教授

カテゴリ