創文社オンデマンド叢書

中国哲学の探究

シリーズ:東洋学叢書

¥ 10,450 (本体: ¥ 9,500 + 消費税: ¥ 950)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423192221」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1981年
叢書・シリーズ名:東洋学叢書

儒教・道教・仏教の三者が織りなす中国思想の流れを著者30年の研究により集大成した成果。木村中国学の全貌を明らかにする。

【目次より】
論語と孔門 雑考I
一 論語における孔子に対する称呼 子・孔子・夫子・仲尼・君子
二 論語に見える徳目の系統 特にその原点としての〈仁〉について
三 論語に現われた信の概念について
四 論語に見える徳の諸相について
五 子貢について
六 子路についての管見
七 顔淵について
八 孔門の若き秀オたち 子游・子夏・子張・曾子について
荀子より礼記まで 雑考II
一 読荀子二則 書誌學的〓記
二 前漢における礼學の伝受について
三 礼記の大學篇について
附録一 大學と中庸
附録二 ジッテと朱子の學
老荘と道教 雑考III
一 荘子妄言一則 荘子の書の変遷から見た内篇と外・雑篇との関係について
二 荘子の巵言
三 荘周説話を通じて見た荘周の死生観
四 道教と中國の思想
五 馬王堆出土の帛書老子について
中國佛教の周邊 雑考IV
一 老荘の無と佛教の空とについて
二 中國中世思想史上における廬山
三 寒山詩について
四 中國における哲人の詩について 詩と偈との関係より見ての断想
比較思想の試み 提唱V
一 中國思想史學の対象について
二 中國における世界観・人生観
三 中國哲學における中庸思想
あとがき
掲載書誌一覧

著者・編集者

著者:木村 英一

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ