創文社オンデマンド叢書

初期の道教

道教史の研究 其の一

シリーズ:東洋学叢書

¥ 11,000 (本体: ¥ 10,000 + 消費税: ¥ 1,000)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423192382」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1991年
叢書・シリーズ名:東洋学叢書

二世紀末の太平道と五斗米道の運動を分析、民族宗教としての道教の成立過程を見事に解明したライフワーク。

【目次より】
自序
前篇 中國における民族的宗教の成立
序章 逍教の概念とその始源について
一 道数とは何か 二 道教の始源をどこに求めるか
第一章 黄巾の叛乱と漢中政櫂
A 黄巾の叛乱
一 黄巾の叛乱の背景 二 黄巾の叛乱
B 漢中政權
一 張陵と張衡 二 張脩と張魯 三 張魯と閻圃 四 終焉
第二章 中國における民族的宗教の成立
一 緒言 二 張角の教法(上) 三 張角の数法(下) 太平経との開係 四 五斗米道 五 佛数との関係 六 後漢時代の社會と信仰 七 結語にかえて
第三章 老子想爾注の成立
一 南北朝隋唐の間の想爾注と葛本 二 想爾注に所謂道誡と想爾戒 三 想爾注・想爾戒と大道家令戒 四 結語
第四章 績老子想爾注の成立
一 想爾戒と想爾注と老子五千文 二 九行二十七戒の性質と想爾注の行方 三 注の書写形式について 四 房中術 五 託死復生 六 再論大道家令戒
第五章 五斗米道の教法について 老子想爾注を中心として
一 緒言 二 想爾における「道」の性格 三 道誡について 四 神仙説について 五 房中術について 六 祭祀観について 七 政治観・社會観について 八 邪文偽伎について 九 結語
第六章 後漢末五斗米道の組織について
一 三會日 二 命籍信米制の起源 三 治と祭酒 四 義舎と道民 五 人頭税としての五斗米 六 廚について 七 結語
第七章 道教における三元説の生成と展開
一 はしがき 二 三元品誡経 三 三元説の由来 四 三元玉京玄都大獻経の出現 五 業報因縁経弘救品 六 盂蘭盆経との関係 七 結語
附篇
第一章 初期の僊説
一 史記封禅書の始皇帝に関する記事 二 武帝時代の僊説 「在るもの」から「成るもの」へ 三 倦人と上天 四 結語
第二章 老子化胡説の成立
一 老子浮屠併尊から併祀へ 二 老子化胡説の成立 三 結語
後篇 抱朴子の研究
第一章 葛洪傳
一 学問 二 社會的地位 三 異書探訪への大旅行 四 受爵 五 抱朴子の述作とその所謂俗情について 六 受爵以後 七 系圖と年譜 附 鮑〓傅
第二章 論衡・僭夫論と抱朴子
一 論衡と抱朴子 二 抱朴子と潜夫論 三 結語にかえて
第三章 抱朴子における紳仙思想の性格
一 金丹の大藥とその意味 二 出世間道的仙逍 道家思想との関係 三 仙の目的 四 祭祀否定とその限界 五 貴族主義 六 道徳主義とその意味 七 仙説の綜合とその観念論的性格 八 結語 宗教性の問題
あとがき

著者・編集者

著者:大淵 忍爾

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ