創文社オンデマンド叢書

音楽社会学(経済と社会)

¥ 5,830 (本体: ¥ 5,300 + 消費税: ¥ 530)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423894040」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1967年
叢書・シリーズ名:経済と社会

なぜ西欧のみが和音的合理化に、全音階法と和声法に到達したのかを音測定、楽譜、楽器の比較研究によって解明。
社会学の泰斗による「経済と社会」シリーズの付論である。一貫して近代の意味を問うウェーバー社会学の重要著作シリーズの冊。

【目次より】
凡例
緒論(テーオドール・クロイヤー)
音楽社会学 音楽の合理的社会学的基礎
解説
マックス・ウェーバーと音楽
音楽理論の基礎について
訳者後記
第二刷あとがき
音楽用語集

著者・編集者

著者:ウェーバー,マックス

翻訳:安藤 英治

翻訳:池宮 英才

カテゴリ