創文社オンデマンド叢書

存在と知

アウグスティヌス研究

¥ 7,040 (本体: ¥ 6,400 + 消費税: ¥ 640)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

古代から中世への転換期にギリシアに始まる哲学に何が起こったのか。近世哲学はギリシア哲学から何を受け継いだのか。これらの問題を考えるとき、アウグスティヌスの果たした役割は計り知れない。本書は「幸福とは何か」という古代世界に共通な関心から解き起こし、「存在」や「知識」に関わる哲学の基本概念を、アウグスティヌスがどのように捉え直し変貌させたのかを、新プラトン主義の哲学を踏まえて明らかにした画期的研究。
本商品は「旧ISBN:9784423171219」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2000/05/01

著者・編集者

著者:中川 純男

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ