創文社オンデマンド叢書

大化改新と鎌倉幕府の成立

シリーズ:法制史論集

¥ 8,140 (本体: ¥ 7,400 + 消費税: ¥ 740)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423430149」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1972年
叢書・シリーズ名:法制史論集 1

古代日本の二大画期・大化改新と鎌倉幕府の諸問題につき、法制史の立場よりする画期的な論文10編を収める。

【目次より】
増補版序

第一 大化改新の研究 大化改新より大寶律令の制定まで
第二 東國と西園 上代および上世における
第三 鎌倉幕府職制二題
一 征夷大将軍と源頼朝
二 文治守護職と總追捕使
第四 再び「征夷大将軍と源頼朝」について
第五 鎌倉幕府の成立時期
第六 鎌倉幕府の成立 文治の守護と地頭について
第七 大犯三箇條 鎌倉時代の守護の櫂限の研究
第八 東醐と西國 鎌倉時代における
第九 鎌倉幕府政所設置の年代
第一〇 鎌倉幕府成立期の二つの問題 文治地頭職と幕府裁判権
第一一 吾妻鏡文治三年九月十三日條所載のいわゆる北條時政奉書について 石井進氏の批判にこたえて
附録
第一 中世の訴訟法史料二種について
序言
一 沙汰未練書
二 庭訓往来
第二 日本法制史學八十八年 東京大學における
第三 中田博士の法制史の比較研究法について
あとがき

著者・編集者

著者:石井 良助

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ