創文社オンデマンド叢書

近代啓蒙批判とナチズムの病理

カ-ル・シュミットにおける法・国家・ユダヤ人

¥ 8,140 (本体: ¥ 7,400 + 消費税: ¥ 740)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423710579」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2003/12/01

20世紀を体現した思想家カール・シュミットの近代批判・近代啓蒙批判を、シュミットが影響を受けた、あるいは論敵であった思想家、とりわけマックス・ヴェーバーの学問論や法・政治論との比較を通じて、またナチスの反ユダヤ主義や安楽死計画との関連を通じて浮き彫りにし、近代啓蒙批判とナチズムの病理・野蛮性との思想史的連関性を詳細に描き出す。ナチズムに代表される近代の生態を、未公刊の資料を駆使し複眼的な視角から解明、更に後世への歴史的教訓を引き出した画期的作品。

【目次より】
序 近代の病理とシュミット
第一章 シュミットの思想の基盤 法学と文芸の接点から
一 シュミットの家庭環境と修学時代
二 風刺書『影絵』(一九一三年)について
三 風刺文「ブリブンケン」(一九一八年)の内容とその意義
第二章 ヴェーバーとシュミット 学問論の相克
一 シュミットのヴェーバーに対する知的接触
二 「職業としての学問」(一九一七年)の成立事情
三 「職業としての学問」の論点
四 「職業としての学問」とシュミットの学問論
五 初期シュミット(一九一〇~一八年)の思想の核
六 「職業としての学問」の五つの論点とシュミットの「ブリブンケン」『政治的ロマン主義』
第三章 ヴェーバーとシュミット 政治論の相克
一 シュミットの『政治的なものの概念』とヴェーバー
""二 シ ュミット『政治的なものの概念』の四つの論点とヴェーバー""
三 シュミットの議会主義・民主主義観とヴェーバー
第四章 ナチス安楽死計画とシュミット 法史的社会史的視角から
一 生命の価値とシュミットの「価値の専制」(一九五九年)
二 ナチス安楽死計画(一九三九~四五年)の事実の概要
三 ナチス安楽死計画の前史
四 「安楽死」の法制化をめぐって 司法省と総統官房
第五章 反ユダヤ主義とシュミット 法・国家・ユダヤ人
一 研究史的前提
二 シュミットの反ユダヤ主義的発言
三 シュミットの反ユダヤ主義的思考の要因
結び 近代啓蒙批判とその教訓

あとがき
初出論文一覧

著者・編集者

著者:佐野 誠

奈良教育大学教育学部教授

カテゴリ