創文社オンデマンド叢書

カトリック政治思想とファシズム

¥ 8,250 (本体: ¥ 7,500 + 消費税: ¥ 750)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423710654」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2006/01/01

オーストリア第一共和国は既存の支配層がカトリック勢力に支えられ急進化し、1933年ファシズム体制が樹立、38年にはナチス・ドイツに併合された。カトリック系政治思想家がローマ教皇の社会回勅をもとに形成した社会観・経済観・国家観を解明し、強い影響力をもったシュパンの身分制国家論を包括的に分析、さらにカトリック的普遍性とドイツ・ナショナリズムの狭間で揺れつつ存立した彼らの思想的営みを、反ユダヤ主義との関係も踏まえて明らかにする。わが国で議論されることの少ないカトリック政治思想の諸相を、ファシズムの成立過程を通し具体的に描く類書のない著作。

本書は、保守的で急進的な変革を求めたカトリック系政治思想家たちがローマ教皇の社会回勅をもとに形成した社会観・経済観・国家観を解明、なかでも強い影響力をもったシュパンの身分制国家論を包括的に分析する。さらに、カトリック的普遍性とドイツ・ナショナリズムの狭間で揺れつつ存立した彼らの思想的営みを、反ユダヤ主義との関係も踏まえて明らかにする。

【目次より】
まえがき
第一章 保守的で急進的な変革「保守」と「革命」の結合の論理
第二章 カトリック政治思想と資本主義国家の諸問題
第一節 二つの社会回勅『レールム・ノヴァールム』(一八九一年)と『クアドラゼジモ・アンノ』(一九三一年)
第二節 社会改革と社会政策
第三節 社会問題とはなにか
第四節 資本主義経済論
第五節 国家の課題
第三章 オトマル・シュパンの身分制国家論とファシズム
はじめに
第一節 普遍主義の政治原理 政治的不平等と権威主義
第二節 身分制国家論
第三節 シュパン理論とオーストリア・ファシズム
第四節 シュパン身分制国家論とナチズム
第四章 カトリック政治思想とナショナリズム
はじめに
第一節 民族と国民と国家
第二節 「オーストリア・イデオロギー」の論理構造 戦間期オーストリアにおけるドイツ国民意識とオーストリア国家意識
第三節 カトリック政治思想と反ユダヤ主義 宗教的反ユダヤ主義と人種論的反ユダヤ主義の間
第四節 「オーストリア国民」意識の成立 ナショナルな価値と普遍的価値
第五章 職能身分制秩序の実験 ドルフス・シュシュニク体制の政治思想
第一節 カトリックの身分制秩序論
第二節 ドルフス・シュシュニク体制
むすび
あとがき

著者・編集者

著者:村松 惠二

弘前大学人文学部教授

カテゴリ