創文社オンデマンド叢書

神学大全 43(第3部 73-78問題(聖体の秘跡(本質)))

シリーズ:神学大全

¥ 6,270 (本体: ¥ 5,700 + 消費税: ¥ 570)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423393437」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2005/02/01
叢書・シリーズ名:神学大全 43

13世紀、聖書解釈や神学者の注解を体系的に集大成した全45巻の中世キリスト教神学の金字塔。第III部 第73問題~第78問題を収録。

キリスト教に関わる事柄を、初学者のために「学習の順序」に従い論述した、西洋中世思想を代表する必読文献。感覚では明らかなパンとぶどう酒の「外観」と、信仰により肯定されるキリストのからだと血の「存在」とはどのように関係づけられるべきか。トマスはこの聖体の秘跡におけるキリストの現存の仕方、キリストのパンとぶどう酒への全実体変化は超自然的であり、アリストテレス哲学の射程を完全に超え出ていることを前提に論を進める。徴しとしての秘跡の三重構造を基に聖体が秘跡であることを説得的に説明する。

【目次より】
まえがき
目次
第七十三問題 聖体の秘跡について
第七十四問題 この秘跡の質料について
第七十五問題 キリストのからだと血へのパンとぶどう酒の変化について
第七十六問題 この秘跡におけるキリストの在り方について
第七十七問題 この秘跡のうちに存続する諸付帯有について
第七十八問題 この秘跡の形相について
訳者注
解説 トマスの聖体神学

著者・編集者

著者:トマス・アクィナス

翻訳:稲垣 良典

長崎純心大学人文学部教授

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ