創文社オンデマンド叢書

杜甫の研究

シリーズ:東洋学叢書

¥ 8,910 (本体: ¥ 8,100 + 消費税: ¥ 810)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423192160」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1977年
叢書・シリーズ名:東洋学叢書

杜甫の多彩な文学と人生を、文学的考察、作品研究、杜甫と仏教、杜詩の発見、日本における杜詩など広範な角度から考察した力作。

【目次より】

第一章 文学的考察
一 詩人としての自覚
(附録) 唐代における詩の伝播について
二 杜詩の象徴性とその哲学
三 杜甫における李白の意味
第二章 作品の研究
一 「崔氏東山草堂」詩の作時について
(附録) 芭蕉の「秋深き」の句と、杜甫の「崔氏東山草堂」の詩について
二 「秋興八首」序説
三 「又呈呉郎」の詩について 「即防遠客雖多事、便挿疏籬却甚真」考
四 「登岳陽楼」の詩について 「呉楚東南〓、乾坤日夜浮」考
五 「王洙、舟中伏枕書懐、三十六韻」の作時について
第三章 杜甫と仏教
一 杜甫の仏教的側面
二 杜詩における摩訶薩〓の投影
三 「秋日、〓府詠懐、一百韻」における「七祖禅」についての考察
第四章 杜詩の発見
一 中唐より北宋末に至る杜詩の発見について
二 「唐書」杜甫伝中の伝説について
三 王洙本「杜工部集」の流伝について
第五章 日本における杜詩
一 日本における杜詩享受の歴史
二 芭蕉文学における杜甫
三 島崎藤村における杜甫 「千曲川旅情の歌」を中心にして
第六章 雑考
一 杜詩「幽興」考 杜甫の自然観への手がかり
二 杜甫と薬草 「同谷七歌」黄精考
三 杜甫家族考
初出一覧

著者・編集者

著者:黒川 洋一

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ