創文社オンデマンド叢書

遼朝史の研究

シリーズ:東洋法史論集

¥ 9,680 (本体: ¥ 8,800 + 消費税: ¥ 880)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423740415」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1979年
叢書・シリーズ名:東洋法史論集 2

東洋法史論集の第2巻。916~1125年、契丹人によってモンゴルを中心に中国北方を支配した王朝の社会、文化、家族などの歴史を探る。
遼の社会と文化の諸相を克明に明らかにした本巻は、社会生活や法生活の実態に迫り、前巻の主張を多角的に裏付ける。

【目次】

凡例
第一 総説
第一章 遼の社会と文化
第二章 遼朝の性格
第三章 遼の文化と契丹文字
第四章 遼代における奚
〔附録〕 遼の死面
第二 法制と礼制
第五章 契丹の婚姻について
〔附録〕 西山霊光寺所見の一遼代仏像台座
第六章 再び契丹の婚姻について
第七章 三たび契丹の婚姻について
第八章 洪皓の『末漠紀聞』に見える女眞の婚俗と金代婚姻法
第九章 契丹における生母の地位──嘉礼諸儀を中心として
第十章 契丹の庶〓
第十一章 遼制における生生誕礼の意義──契丹における幼児の地位
第十二章 契丹人以外の分子に対する遼法の処置
第十三章 遼制における労働授受の形式と制度
第十四章 契丹の銀牌
第十五章 遼の社会における咒術力の作用
第十六章 契丹の祭祀──祭山儀と柴册儀
第十七章 契丹の再生礼
第十八章 契丹の射柳儀
第三 経済と文化
第十九章 遼の田制
第二十章 遼の鎖業
第二十一章 遼の絹織物業
第二十二章 契丹放偸攷
第二十三章 遼の奇獣「貔狸」
第二十四章 遼の石窟
第二十五章 遼の中京城址
第四 附録
第二十六章 日遼交渉
第二十七章 新出土史料による渤海國史の新事実
史料と参考文献

著者・編集者

著者:島田 正郎

書籍サイズ(縦X横)

mm X mm

カテゴリ