創文社オンデマンド叢書

西夏法典初探

シリーズ:東洋法史論集

¥ 14,850 (本体: ¥ 13,500 + 消費税: ¥ 1,350)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

11世紀半ば中国北西部に誕生した西夏国の存在は永らく謎に包まれてきたが、20世紀に発見された資料の整理を通じて、西夏法律集の存在が初めて世に伝えられる。本書は、12世紀に成立した西夏法典のうち刑罰法規である「律」に相当する817門719条を邦訳、その来源に溯って詳密な検討を加え条文解釈と法体系を明らかにすると共に、唐・宋・遼・金の法との比較を通じて、中国法の影響を受けながらも固有の風土・慣習に根ざした西夏法典の特色を剔抉する。内陸アジア諸法研究の碩学による、我が国初の本格的業績。
本商品は「旧ISBN:9784423740859」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:2003/09/01
叢書・シリーズ名:東洋法史論集 8

著者・編集者

著者:島田 正郎

カテゴリ