創文社オンデマンド叢書

ドイツ観念論断想 1

¥ 5,940 (本体: ¥ 5,400 + 消費税: ¥ 540)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423170816」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1993年

絶対知の問題を巡るフィヒテ、シェリング、ヘーゲルの哲学の本質を「絶対者(神)」と「人間的主体」の中間境域の思索的究明に求める。

【目次より】
序文
目次
I ドイツ観念論 絶対知の問題
II フィヒテ・知識学の本質とその内的動性
III シェリング・無底 『自由論』に於ける
IV ヘーゲル・「吾々にとつて」
V ヘーゲル・思弁的聖金曜日
附録 西洋と東洋とに於ける「一即一切」の相違について

著者・編集者

著者:辻村 公一

カテゴリ