創文社オンデマンド叢書

清代中国の法と裁判

¥ 8,250 (本体: ¥ 7,500 + 消費税: ¥ 750)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423740606」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1984/12/15

清代を素材に伝統中国における裁判のあり方を追及し、それを通してこの社会における法とは何であったかを探り出した労作。

【目次より】

例言
第一 清朝時代の刑事裁判ーーその行政的性格。若干の沿革的考察を含めて
緒言
中国史の時代区分/「刑事」裁判の定義/その基本的性格
第一節 裁判機構
第二節 裁判手続上の二三の問題点
第三節 裁判の準則としての法
結語
第二 刑案に現われた宗族の私的制裁としての殺害──国法のそれへの対処
第三 判決の確定力観念の不存在──とくに民事裁判の実態
第一節 裁判の表現形式――批・諭・遵結
第二節 裁判の更正可能性
第三節 総括的考察
第四 民事的法源の概括的検討ーー情・理・法
第五 法源としての経義と礼、および慣習
第一節 経義と礼
第二節 慣習
附録 唐律における共犯
一 緒言
二 通則的規定
三 謀殺、盗犯、殴傷・致死についての個別規定
四 われわれの刑法理論との対応関係
清代判牘目録

著者・編集者

著者:滋賀 秀三

カテゴリ