創文社オンデマンド叢書

フランス革命史研究

¥ 7,920 (本体: ¥ 7,200 + 消費税: ¥ 720)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

本商品は「旧ISBN:9784423460153」を底本にしたオンデマンド版商品です。
初刷出版年月:1956/06/30

人類史上最大の政治革命であるフランス革命を、ミシュレ、トックヴィルなどの歴史家がどのように捕らえたかを踏まえ、徹底的に解明する。

【目次より】
復刻版の序文
まえがき 一西洋史研究者としての反省
序章 フランス革命研究史の意義と方法
一 序言
二 意義 フランス史学と革命史学
三 対象と方法
第一章 革命およびナポレオン時代 初期の革命史家たち
一 革命の反歴史性
二 ナポレオンと歴史
三 初期の革命史
第二章 王政復古時代 政治論争と革命史
一 「歴史の洪水」
二 ロマンティスム
三 王政復古の性格
四 政治闘争
五 歴史論争
六 二つの革命史 チエールとミニエ
第三章 七月王政時代(上) 歴史学の組織と共和主義運動
一 七月王政の性格
二 歴史研究の組織
三 共和主義者とフランス革命
第四章 七月王政時代(下) ミシュレ史学
一 人間ミシュレ
二 少年時代
三 準備研究時代
四 エコール・ノルマルの教授時代
五 コレージュ・ド・フランス教授時代と晩年
六 「フランス革命史」
補説 ラマルチーヌとルイ・ブラン
第五章 第二帝政時代 批判的研究とトックヴィル
一 歴史の「批判的考察」
二 トックヴィルと二月革命
三 「アンシャン・レジームと革命」
四 キネーと「フランス革命」
第六章 第三共和政時代 とくにその成立期
一 第三共和政の成立
二 テーヌとフランス革命
三 革命百年記念をむかえて
第七章 展望 オーラール、ジョレス、マチエ
まえがき
一 オーラール
二 ジョレス
三 マチエ
附録
一 オーギュスタン・チエリー
二 フランソワ・ギゾー
参考文献

著者・編集者

著者:前川 貞次郎

カテゴリ